中国の馳名商標について、よくある質問をまとめています

MENU

馳名商標について

馳名商標って何ですか?

中国における認知度が高い(関連する公衆に熟知されている)と認定された、著名な商標のことです。
馳名商標の所有者は、一定の要件を満たせば以下のような保護を受けることが出来ます。

  • その馳名商標が未登録であっても、他人による出願の登録が拒絶され、使用が禁止される。
  • 非類似の商品であっても、他人による出願の登録の拒絶され、使用が禁止される。
馳名商標の認定を受けたいのですが、どうすればよいですか?

馳名商標であることだけを認定してもらうような、申請制度のようなものは存在しません。
中国商標局、商標評審委員会、裁判所(人民法院)のいずれかが、具体的な案件(事件)の中で個別に認定することになります。
例えば、商標局での異議申し立てや、評審委員会や裁判所での係争事件などの過程において認定されます。

どうしても認定を受けたい場合は、何らかの案件で争えばよいのですね?

馳名商標の認定を権利保護の手段ではなく、名誉的な位置づけとして認定を求めるケースが横行したため、法改正等により対策が取られ始めています。
(馳名商標を認定してもらうために、故意に審判や裁判を起こす等の悪質なケースがあり、問題視されたようです)
例えば「馳名商標」を認定しなくても最終的な判断ができるような案件であれば、馳名か否かの認定はされずに審理終了となる可能性があります。

馳名商標認定の判断には、どのような事項が考慮されますか?

中国商標法14条において、その商標に関する以下の点が考慮されるとされています。

  • 関連する公衆からの認知度
  • 継続的使用期間
  • 宣伝の継続期間、レベル、範囲
  • 馳名商標としての保護記録
  • 著名性に関するその他の要素

認定を受けるためには、これらの要素に関する証拠を準備することが必要となります。

 

馳名商標の認定を受けたので、商品や広告等に表示してもよいですか?

中国商標法(14条5項)において明確に禁止されており、NGです。
ちなみに罰金(10万元)の対象にもなります。

中国商標専門サイトの「よくある質問」トップへ


中国商標専門サイトのトップページへ